チームワークこそ人生の楽しみ

1人で楽しい人生を超えて、みんなで人生を楽しもう。n Tech 0=∞=1を活用するDignityStyle!チームワークコンサルタントよりお届けします。

『チームワークこそ人生の楽しみ』と思うまでのお話①

f:id:spring33:20180622222719j:plain

このブログのタイトルは「チームワークこそ人生の楽しみ」です。こう思うに至った私のお話を書きます。

前編・後編でお届けします。お時間のあるときにお付き合いください。

 

私の人生、一言で言えば、ぬぐえない孤独感を蓄積してきた人生でした。
でも、今ではすっかり、チームワーク”こそ”人生の楽しみだと、言い切れます。

どうしてそうなったのでしょうか??

それは人生をひっくり返す出会いがあったからです。

 

 

 

複雑な家庭環境に育つ

 

私は、蛍が飛ぶような、のどかな里山に生まれました。

最初の事件は、6才のとき。
父が浮気をして、家を出ていってしまい、母子家庭になりました。わけがわかるまで、しばらくかかりました。

 

母と弟と3人で暮らしていたところ、10歳のときに今度は、突然父が帰ってきた。
またまたよくわからないまま、家族は元通りに。

「再婚して産まれた子はどうなったの?」「どうして帰ってきたの?」「私の気持ちはどうしたらいいの?」
そんなもやもやを、両親に聞くことはできませんでした。

 

そんな幼少期を過ごした私が思った人生観が、こちらです。

どうせみんな自分の人生を好きに生きている。
だれも私のことなんて気にしていない。
私は私で、幸せになるしかないんだ。

 

前進、前進、また前進。

 

そのように誓った私は、目の前の現れる課題に対して貪欲に挑んでいきます。

 

中学校では、休み時間も勉強し続け、高校受験の頃には5教科の成績が、5段階評価オール5になりました。おかげで高校受験では、第一志望校の進学コースに合格しました。

 

高校でも、3年間受験勉強に奔走。3年生の夏までは、第一志望の国立大学はE判定だったんです。しかし最後の最後まで粘り、センター試験で高得点を取り、無事に合格しました。結局、学習塾には一度も行かず、学校の勉強と図書館での自主勉強、買い足した参考書で、自力で合格しました。

 

大学では、わざわざ厳しいゼミに所属して、自らを追い込みました。就職活動では、就職氷河期で、思ったようには内定はもらえず、苦しい日々でしたが、最終的にメーカ系IT企業から何とか内定をもらえました。

 

会社に入ると、数少ない女性の法人営業職として、仕事に没頭しました。提案書提出のために徹夜をしたり、お客様先で障害対応で張り付いたり、何億円のための見積書を作成したり、本当に忙しい毎日です。同期のなかでも早めに昇進し、結局課長の手前までたどり着きました。

 

当時の私の思考回路

 

自他ともに努力家でまじめだった私。日常は当然、辛いことがたくさんありました。

 

でも、辛いことの先には、必ずよいことがありました。受験に合格したり、会社で昇進したり、飛び込み営業で受注の契約が取れたり。

 

辛いときには、家でたくさん泣いて、疲れ果てて寝ます。すると、朝になったらすっきり忘れます。朝の空を見上げながら、「こんなに空も青いんだから、またがんばろう。」と切り替えてきました。

 

私の人生、そんなことの繰り返しでした。

 

大好きなミュージカル「アニー」Tomorrowの歌詞に、こんな一節があります。

寂しくて憂鬱な日には、胸を張って歌うの

朝が来ればトゥモロー、涙のあとも消えていくわ

トゥモロー、トゥモロー、アイラブヤトゥモロー、明日は幸せ 

この歌詞を、地で行く人生でした。トンネルの先には必ず光があると信じて…

 

チームワークへの強烈な憧れ 


自分の幸せ成功を第一に進みながらも、本当は憧れていたものがありました。

 

それがチームワーク

 

自分は自分でがんばるしかないと思いながらも、いや思っているからこそ、やっぱり憧れるんですね。

 

小学生の頃から、助け合う社会を夢見て、障がい者ボランティアの活動に参加していました。

 

高校時代は、山岳部に所属し、競技登山に夢中になりました。競技登山は、4人一組のチームプレー。時には、テントの中で泣きながら話し合うことも。私のチームは、県大会準優勝から東海大会に出場しました。

 

大学のサークルでは、世界の人とのつながりに憧れて、留学生の支援団体に所属しました。団体の運営に限界を感じ、日本全国の他大学の類似団体とネットワークを作り、100人規模の研修会を、2回開催しました。

 

就職した会社でも、従業員1万人、さらにはグループ全体で20万人と、一緒に仕事をしている喜びを感じながら、目の前の仕事、部署間やお客様との調整に奔走しました。

 

そのときそのときで、一瞬は、チームワークができている感覚を味わえたものです。

 

でも、条件状況が変わったら、けんか別れになったり、解散になってしまったり、叱責されたり、とにかく長く継続することはありませんでした。

 

大学のサークルでは、複数人から「先輩たちが優秀すぎて、ついて行けない。話すのが怖い。」と言われたことがありました。とてもショックでしたが、正直、言われている意味がわからなかった。

 

会社のときにも、後輩の気持ちがわからず、育成がうまくできませんでした。しまいには、指導もいやになってしまいました。

 

やればやるほど、うまくできない・伝わらない・寂しい思いが蓄積されました。

 

そして、ふと周りを見ると、なんだか一生懸命にやってない人の方が楽しそう。

 

ここでもあの言葉が頭をよぎります。

 

どうせみんな自分の人生を好きに生きている。
だれも私のことなんて気にしていない。
私は私で、幸せになるしかないんだ。

 

人生の絶望の淵に立つ

 

そんなふうにがんばり続けたある日、ふいに、コップから水があふれるように、絶望に襲われました。

 

このまま一生が続くんだろうか・・・・という素朴で恐ろしい問いです。

 

前向きにがんばったら、一瞬の幸せ成功は手に入る。でもいずれまた、新しい目標が現れてしまう。そんな人生の繰り返し。まるでニンジンをぶら下げた馬のよう。ラットレースからは降りられない。降りる勇気もない。

 

そして、人と人とのつながりも、はかないものだとわかってしまった。一生涯のつながりなんて無い中で、その時その時の付き合いで生きていく。

 

人間というものは、こんな無常を一生続けるものなのか・・・

あと50年、こんな生活が続くなら、生きている意味っていったいなんだろう。

 

苦しくてもトンネルの先には、光が必ずあると信じて、前向きにやってきたけど、光なんてなかった。トンネルは、ずっとトンネルのままだった。

 

絶望に打ちひしがれました。

 

 

私はこのあと一体どうなるのでしょうか。

 

後編へ続きます。 

 

blog.spring33.com

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

メッセージはこちらまで
 *CONTACT* 

  

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Written by チームワークコンサルタント miwa

詳しいプロフィールはこちら