チームワークこそ人生の楽しみ

1人で楽しい人生を超えて、みんなで人生を楽しもう。n Tech 0=∞=1を活用するDignityStyle!チームワークコンサルタントよりお届けします。

デニス・テン選手の訃報を受けて

f:id:spring33:20180723202011j:plain

 

世の中には、なんて残酷なことが起こるんだろう

 

信じられないニュースが、飛び込んできました。

 

 

フィギュアスケート男子の2014年ソチ五輪銅メダリストのデニス・テン選手が、7月19日、母国のアルマトイ市内で、暴漢2人と争い、刺殺されました。

 

デニス・テン選手の主な戦績は、こちらです。

2010年バンクーバーオリンピックカザフスタン代表
2013年世界選手権2位
2014年ソチオリンピック銅メダリスト
2015年四大陸選手権優勝
2018年平昌オリンピックカザフスタン代表
 

なんといっても輝いているのは、ソチ五輪男子シングルの銅メダルです。
カザフスタンのフィギュアスケート選手として、初のメダリストになりました。

 

デニス・テン選手を想う

 

いまでも、まったく信じられません。

 

テンさんは、SNSをよく更新している方だったので、いまもまだ、生きているかの感覚に襲われます。

事件が起こる30分前にもinstagramのストーリーが上がってたんですよね。

 

私が最後に生で見たのは、平昌オリンピックの男子ショートプログラム。

 

怪我の影響もあり、残念ながら、フリーに進むことはできませんでした。

 

それでも彼のノーブルな演技は、観衆の心を澄み渡らせる、ピンと張り詰める空気をもっていました。

テンさんと言えば、情熱的なステップも魅力の一つですね。

 

当時24歳、まだまだもう一花咲かすことができるはずだったのに。

 

国の英雄だった彼

 

カザフスタンでは、フィギュアスケートは発展途上のスポーツです。

そんななかで、銅メダルを彼が獲得したことにより、スケートを始める人がたくさん増えたと聞きます。

また、各国のスケーターをカザフスタンに招いて、アイスショーを開き、スケートの発展にも尽力していました。

 

彼のインタビューでは、しばしばカザフスタンへの想いが語られます。

国を代表して、世界で活躍している責任感と自負心が感じられました。

カザフスタン国内では、羽生結弦さんや浅田真央さんに匹敵する、スター選手でした。

 

こんな事件で亡くなるなんて、あまりにも残酷で、涙が止まりません。

  

彼を失ったカザフスタンの国民の悲しみは、いかほどでしょう。

葬儀が執り行われましたが、とても立派な棺に、市民葬としてたくさんの民衆が集まる光景がありました。 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

事件の背景

 

事件の犯人について、続報のニュースで明らかになってきました。

 

・逮捕された容疑者は24歳と23歳の2人。

・金銭が必要だった2人は、車のミラーを盗み売却することを考えた。

・窃盗に及ぼうとした時に、車の所有者であるテンさんが現れ、争いとなり、右大腿部などを刺した。

・ともに犯行を自白しているが、相手が有名なアスリートだったことは知らなかったと話している

 

デニス・テンさん刺殺の暴漢2人 本人と知らず殺害か ネットで知ったと供述 終身刑か(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

 

英雄と貧困層、光と闇。

 

対極にあるテン選手と、犯人との出会いによって、この事件は起きました。

 

加害者と被害者が、同じ若者ということもまた、やるせない気持ちです。

 

人間がつくる境界線のある現実は、時に非情です。

 

今、思うこと

 

もう少しだけ、車に戻るのが遅かったら、ミラーを盗まれただけで済んだかもしれない。

 

それでも、犯人と遭遇して、もみ合って、刺されるという事件に発展した。

 

そして、いま、カザフスタンの国民が、彼の家族友人たちが、世界中のスケートファンが、悲しみに打ちひしがれている。

 

この出来事には、どのような意味があるのだろう。

 

貧困の闇。人間の闇。

 

この出来事があたえるショックによって、彼が愛したカザフスタンの社会が変わる、一歩になるかもしれない。

 

何年後、何十年後にも渡る影響を、彼は残すことになったのかもしれない。

 

故人を偲び、犯人を憎む、個の存在に対する感情だけでなく、
残された人々が、どのようにこの事件を解析し、行動するかで、未来が変化していくことでしょう。

 

それでも今は
やはり、ひとりの人間の感情として、
テン選手にもう会えないことが、

とても悲しく寂しいです。

 

7/22追記

カザフスタン大使館へ、献花に行ってきました。

テン選手のリンクでの写真と、すでに訪れた方からのたくさんの花束が、お部屋いっぱいにありました。

私が行き帰りにも、同じく行かれる方にたくさん遭遇しました。

*献花は7/23で終了しました。

 

f:id:spring33:20180722104020j:image

 

お読みいただきありがとうございました。

 

ご感想・メッセージはこちらまで
 *CONTACT* 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Written by チームワークコンサルタント miwa

詳しいプロフィールはこちら