チームワークこそ人生の楽しみ

1人ですっきり楽しい人生ではなく、みんなで人生を楽しむブログ。n Tech 0=∞=1を活用するチームワークコンサルタントよりお届けします。

このあとどうしちゃおう/ヨシタケシンスケ

f:id:spring33:20180724003908j:plain

 

あなたにとって、大好きな絵本はありますか?

 

大人になってから、絵本を手に取ることってあまりないですよね。

友人に紹介されて、とても衝撃を受けたのが、この本です。そして、ヨシタケシンスケさんの大ファンになりました。

ここ数日の心理状態もあり、久しぶりに手に取り読みました。

 

ヨシタケシンスケ『このあとどうしちゃおう』

 

ブロンズ新社 - このあと どうしちゃおう

しんだおじいちゃんがかいた「このあと どうしちゃおう」ノートがでてきた。
「じぶんが しょうらい しんだら どうなりたいか」が、かいてある。
「うまれかわったらなりたいもの」「こんなかみさまにいてほしい」......なんだかおじいちゃん、たのしそう。
でも、もしかしたらぎゃくだったのかもしれない。
ぼくだったら、どうしちゃおうかな。
いま、いきているあいだに、かんがえてみよう!
 

 

祖父の死をきっかけに、生と死を考える男の子の物語です。

 

くすくす笑えて
思わず泣けて
深く考えさせられる。

 

とても素敵な本なので、ぜひ書店で手にとってみてほしいです。

 

死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。

この言葉は、村上春樹「ノルウェイの森」の一節ですが、同じことを絵本で表現しているんですよ!

 

死を意識するからこそ、生がより輝く。

最終的に、現実の生活に戻ってくるストーリーが、読んでいる人にとって、とても価値があると思います。

 

他にもあります

 

ヨシタケシンスケさんの絵本は、色々な出版社から出版されています。

実は、読み比べてみると、本のメッセージ性が、出版社によってまったく異なることに気づきます。

編集者の観点が、本の編纂においては、とても色濃く出ているのですね。奥深い世界だなぁ…

 

ブロンズ新社さんの本たちが、私はとても好きです。

● ぼくのニセモノをつくるには
りんごかもしれない
もうぬげない
こねてのばして

 

f:id:spring33:20180724004651j:plain

去年6月新刊「あるかしら書店」出版記念イベントにて、ヨシタケシンスケさんにサインいただきました。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

ご感想・メッセージはこちらまで
 *CONTACT* 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Written by チームワークコンサルタント miwa

詳しいプロフィールはこちら