チームワークこそ人生の楽しみ

1人で楽しい人生を超えて、みんなで人生を楽しもう。n Tech 0=∞=1を活用するDignityStyle!チームワークコンサルタントよりお届けします。

映画『君の膵臓をたべたい』(実写版)レビュー

f:id:spring33:20190428220416j:plain

Amazon Primeで視聴しました。

以前友人のおすすめでアニメ版を劇場で見たんですが、実写版も見たいと思っていました!

 

実写版 「君の膵臓をたべたい」

 

 

劇場アニメ版はこちら。桜の美しい描写が印象的。

kimisui-anime.com

  

原作はこちら

マンガ版もあります

 

 

あー、泣きました。すっごくいい。

 

ヒロインの女の子が膵臓の病気を持っていて、生死をそばに感じているので、言葉の一つ一つがとても哲学的。

 

心に響いたヒロインの言葉たち。

偶然なんかじゃない。
君がしてきた選択と私がしてきた選択が
私たちを会わせたの

私たちは自分の意思で出会ったんだよ 

 

生きるとは誰かと心を通わせること

誰かを認める
好きになる、嫌いになる
誰かと一緒にいて手をつなぐ
ハグをする、すれ違う

それが生きる

自分ひとりじゃ生きてるってわからない

 

好きなのに嫌い
楽しいのに鬱陶しい

そういうまどろっこしさが人の関わりが
私が生きてるって証明だと思う

 

本質を突いていてめちゃいいです。

 

実写版のラストはアニメ版と違ってまたよかったですね。時間を越えたメッセージが、必要なときにこそ届く感じ。まさに自分の意思で出会う世界、素敵すぎました。

 

実写版・アニメ版どっちもよかったですよー!

 

 アニメ版のレビューはこちら

blog.spring33.com

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

ご感想・メッセージはこちらまで
 *CONTACT*

 

Written by
チームワークコンサルタントmiwa