チームワークこそ人生の楽しみ

1人で楽しい人生を超えて、みんなで人生を楽しもう。n Tech 0=∞=1を活用するDignityStyle!チームワークコンサルタントよりお届けします。

父から母への腎移植が無事に終わりました②

f:id:spring33:20180918112911j:plain

  

指定難病・多発性嚢胞腎である母に、父の腎臓を片方、移植しました。

 

先日、手術が無事に終わりました。おかげさまで経過も順調です。

 

普段は、セッションなど、相手の観点を確認する仕事をしている私です。

手術の数日間、父と母の言動に触れながら、いろいろと衝撃的なことがありました。

 

今回は、心理面について、書いていきます。

 

1000%私の言うことは聞かないから。

 

これは、手術前説明のときに、母が父に対して言った言葉です。

 

退院後のアルコール制限について、執刀医から父に要請したときのこと。

 

「ご家族も見張っていてくださいね」とお医者さんが言ったとき、母はこのように言いました。

 

「1000%私の言うことは聞かないから。娘か息子に言ってもらいます。」

 

いっせんパーセント。

1000%って、普通使わない強い表現ですよね。

  

そうか、母は、<自分が父を変えられることはない>と心の底から思っているんだな、と感じました。

 

1年半長かった。

 

この言葉も、少なくとも3回は聞きました。

父がドナーになり、生体移植の準備を開始したのが、1年半前です。

 

父は、本当に自由奔放な人です。
やりたいことはやるけど、やりたくないことは徹底的にやらない。
実際に、数値を整えるために始めたはずのダイエットも、やったりやらなかったり。アルコールも、たいして減らしていない時期が長かったです。

 

前述の言葉とあわせると、母はずっと

「この人は、私のために、生活習慣を変えてくれるのだろうか??」

と、悪くなる自分の腎臓を片目に、ずっと不信を抱えていたことが伝わります。

 

なぜそこまで不信をするのか。

以前も書きましたが、母と父は一度、父の浮気のため離婚しています。そして、5年後、急に父が帰ってきて、元通りになりました。

 

その出来事について、母はどう思っているんだろうか。

私は、ずっと、母に聞けずにいました。その答えが、やっとわかりました。

 

手術後の第一声

 

8時間にも及ぶ手術が終わって、麻酔が覚めたとき。

 

父と母は、別の個室にいました。

母は、意識が朦朧とするなかで、私にこう言いました。

 

「お父さんに『恨んだときもあったけど、腎臓をくれてありがとう』と伝えて」

 

これが、母の本音だったんでしょう。

 

恨んだときもあった=過去の出来事がずっと頭のなかにあった、ということだと思います。

 

過去の強烈な出来事を消すことは、そう簡単なことではありません。

 

言いたくても言えなかった本音。30年分の思いが、腎臓の病気と言う形で現象化したのではないだろうか。

 

私は母の人生を思い、胸がとても苦しくなりました。

 

東京に帰ってきてからも、このことは私の頭の中にぐるぐる回り続け、「人の人生とは一体なんなのだろうか」と問い続けます。

 

 

そして、私は、衝撃の大発見に出会うこととなります。

 

次回に続きます。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

続きはこちら

父から母への腎移植が無事に終わりました③

 

メッセージはこちらまで
 *CONTACT* 

  

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Written by チームワークコンサルタント miwa

詳しいプロフィールはこちら

体験セッション受付中