チームワークこそ人生の楽しみ

1人で楽しい人生を超えて、みんなで人生を楽しもう。n Tech 0=∞=1を活用するDignityStyle!チームワークコンサルタントよりお届けします。

新型コロナウィルスへの各国の対応と日本が取るべきリーダーシップとは

f:id:spring33:20200322223842j:plain

 

日々刻刻と新型コロナウィルスによって社会情勢が変化しています。私も毎日この件を考えているなかで次第に事の本質がわかってきました。

 

新型コロナウィルスの各国の対応

 

日本ではまだ本格的な営業制限や行動制限までは出ていないため、マスクがない・トイレットペーパーがないといったレベルですが、その裏で世界各国では相当深刻な状況が進んでいます。日本で記事化されている世界のニュースはごく一部ですから英語の原文で確認されることをお勧めします。

 

forbesjapan.com

www.yomiuri.co.jp

www.yomiuri.co.jp

 

欧米の混乱は日ごとに新しいニュースが増え続けていますが、フィリピンのマニラに駐在する友人からも、外出禁止令や首都圏の封鎖、お店の閉店などの話を聞きました。空港まで行くのも難しいなか何とか家族だけ日本に一時帰国したとのことです。このように今、世界中が混乱状態に陥っています。

 

新型コロナウィルスに対する日本の状況

 

厚生労働省のサイト

www.mhlw.go.jp

 

一方、日本の対応について。厚生労働省のサイトを見ると日本の感染者数と志望者数が各国と比較してかなり少ないです。その背景としてPCR検査数が少ないことが原因だと言われていますが、各国の対応と比べると日本が独特の対応をしているなと私は感じています。「感染者数を増やしたくない意図がある」などという推測もありますが、現実的に日本が先進国のなかではかなり穏便な対応をしていることは読み取れます。

 

街の様子を見てもまだパニックになっている様子をあまり感じません。私は平和に慣れてすぎていて危機管理意識が薄いのではないかと思う一方、どんなときもパニックにならずに落ち着いている日本人の特性も実感しています。現場で粛々と対応されている医療関係者の方にも本当に尊敬の念を抱きます。

 

3/27追記:東京オリンピックでの延期、都知事の自粛要請を受けて東京は物品の品切れが起こっています。Twitterやワイドショーでは不安恐怖をあおるニュースが多く、人々の心理状態が次第に不安定になってきています。

 

新型コロナウィルスは見えない恐怖との戦い

 

新型コロナウィルスは目に見えません。突然発症して重症化し死に瀕することもあります。考え始めると本当に恐ろしいものです。

けれど、見えないものに対する恐怖でパニックになっている場合でもありません。なぜならばウィルスに打ち勝つには免疫力が必要であり、免疫力は不安焦り恐怖といったネガティブな感情ではなく、安心笑顔わくわくといったポジティブな感情で増長されることが医療分野でも指摘されているからです。

 

新型コロナウィルスのワクチンは各国の研究者たちにより懸命に開発を進められていますが、まだ完成していません。それまでに私たち一人ひとりができることは、ウィルスに負けない免疫力、つまりいかに安心して落ち着いて過ごすかが重要だと思うのです。ある意味、見えない恐怖との戦いと言えるのです。

 

歴史的にも見えない恐怖と戦った日本だからできること

 

実は日本がこのような見えない恐怖と戦ったのは初めてではありません。令和哲学者NohJesu氏はこのように言います。

 

第二次世界大戦の際、原子爆弾を落とされながらもその恐怖を克服し、アメリカを恨むことなく心の平和に成功したのが日本である。その結果、令和の時代にまでなっている。日本はしっかりと心の恐怖を制圧できる国である。

原爆投下によって大アジア主義・アジア家族主義を目指した明治維新の夢が打ち砕かれた。世界大恐慌が来る可能性がある今こそ、日本がどのような姿勢を見せるのかが大事だ。これが令和維新を起こすということであり、日本が世界に見せるべきリーダーシップの姿だ。

日本はこの危機を救済できる唯一無二の集団である。

 

NohJesu氏は韓国の方ですが、ここまで日本のことを理解し日本の可能性を認めていることには目を見張ります。彼が25 年間もJAPAN MISSION JAPAN DREAM JAPAN MIRACLEを語っていることを不思議に思われる方もいらっしゃるもしれません。

 

NohJesu氏が体系化したnTechは本物の悟りであり、一貫性をもって数学・物理学・哲学・心理学・神学、西洋のすべての学問を統合することができています。その深い洞察から日本の可能性を語っているのです。

 

今、私たちにできることは

 

思えば3.11東日本大震災の際にも、停電や余震が続くなかでもパニックにならずに一致団結して粛々と対応しましたよね。こういった有事のときこそ、日本人本来の冷静さ平静さ物事の本質をつかむ洞察力、まさに侍精神が活かされると感じています。

 

見えない恐怖から生じる不安不信に右往左往するのではなく、誇りをもって一致団結し対応する日本社会となるために何ができるのかを、家族・学校・企業などあらゆる場面で考えていくときではないでしょうか。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

令和哲学者NohJesu氏公式ブログ

blog.noh-jesu.com

令和哲学チャンネル 

www.youtube.com

 

ご感想・メッセージをお待ちしております♪

*CONTACT*

 

Writter by 

チームワークコンサルタント miwa