チームワークこそ人生の楽しみ

1人ですっきり楽しい人生ではなく、みんなで人生を楽しむブログ。n Tech 0=∞=1を活用するチームワークコンサルタントよりお届けします。

「良かれと思って」が裏目に出てしまう本当の理由

f:id:spring33:20181011075712j:plain

 

 

良かれと思って言ったのに、伝わらなかった

 

相手は良かれと思って言ってるのはわかるけど、ムッとしてしまった

 

 

日々の人間関係のなかで、どちらも心当たりがあるのではないでしょうか?

 

私もよくありました。

 

とっても些細なケースで言えば、

 

おいしく牛乳を飲んでいるところに「牛乳は体によくないんだよ!」と力説される

(たった今、私飲んでるんだけど・・・)

 

100均のマッサージオイルを使っていたら「100均のなんてだめだよ!!何入ってるかわからないよ!」と力説される

(ええっと、私が、国産でよさげだから買ったんだけど・・・)

 

我ながら些細すぎるなと思いますが、私、本当に些細なことでムッとしていた人でした。

 

落ち着いて考えたら、相手の言いたいことはわかります。

 

でも、「なにもそんな言い方しなくても」「この人、自分の主張が絶対に正しいって思ってるな。今言い返しても無駄だ。」と諦めの境地が襲ってきます。

 

 

逆もしかりです。

 

相手のためを思って言ったんだけど、どうも通じていない。それどころかムッとしているようだ。おかしいなぁ。と。

 

実はこれ、戦争の構造と同じでもあります。自分の主義主張を、相手にわかってほしくて行う行動の数々。

 

人間は、500万年間ずっと、このようなやり取りを繰り返しているのです。そう思うと恐ろしいですよね。

 

なぜ意識の衝突が起きるのか?本当の理由

 

もう少し詳しくみていきましょう。

 

「良かれと思って」という行動の背景には、「相手に変化してほしい」という欲求があります。

 

一方、相手はどうでしょうか?

相手自身が「変化したい」と思っていなければ、「(勝手に)変化させようとしてくる」と感じてしまうのです。

 

相手を変化させようとしているから、衝突が起きる

相手が自分を変化させようとしていると認識するから、衝突が起きる

 

そう思っていない相手を、自分の勝手で変化させようとすることは、相手の尊厳を傷つけることとなります。逆に、自分はそう思っていないのに、変化させようとしてくることと出会うと、自分の尊厳が傷つくのです。

 

現代社会は競争だらけ衝突だらけで、ありのままを受け入れてくれることは、ほぼほぼありません。

 

些細なことでも、ムッとする感情が瞬時に沸き起こるのは、『もうこれ以上傷つけないで!』と叫んでいる心の叫びだと、私は思います。

 

でも、本当は、楽しくコミュニケーションして、相手の意見も受け入れながら自分も成長できたら、一番よいですよね。

 

わかってるけどできない。これが人間共通の仕組みなのです。

 

 

根本的な解決策は?

 

この衝突を解消して、どんな人とでも、楽しくコミュニケーションできるようになる、人間関係力を向上できるのがnTechです。

 

なぜ人間関係の衝突が起こるのか?の原因は次の2点です。

 


 ・いったい何が問題なのか?根本原因である観点の問題がわからないから
 ・どうやったら変化を起こせるのか?変化の仕組みがわからないから

 

これらが解決できれば、心すっきりで色々な意見を楽しむ自分になることができます。 

いつもすっきりした心から新しい関係性をスタートすることができます。

 

そして、本当に相手に変化してほしいと思ったら、それをかなえる道もみえるようになります。

 

根本原因をわかって、関係性の変化を起こすステップを始めてみませんか?

 

 

ご興味のある方は、ぜひお問合せください。

 *CONTACT* 

 

体験セッションもご案内中です。

spring33.hateblo.jp

 

お読みいただきありがとうございました。 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Written by チームワークコンサルタント miwa

詳しいプロフィールはこちら 

体験セッション受付中