チームワークこそ人生の楽しみ

1人で楽しい人生を超えて、みんなで人生を楽しもう。n Tech 0=∞=1を活用するDignityStyle!チームワークコンサルタントよりお届けします。

苦手な掃除が楽しくなる!抜本的な克服方法

f:id:spring33:20180716201937j:plain

みなさん、お掃除は、好きですか??

 

綺麗好きな方、苦手な方、人それぞれ色々だと思います。

 

実は私、お部屋の掃除が、とてもとても苦手でした・・・


実家の部屋は、散らかりっぱなしで、足の踏み場もない状態なことが、常でした。
一人暮らしをしてからも、とにかく片付けが苦手で。すぐに物が溢れてしまう。

友人が遊びに来る前には、必死に、クローゼットに物を押し込めて、隠していたりしました。

 

誰だって、部屋がきれいだと、気分がすっきりするものです。
一方、ずっと部屋が汚いと、とんでもなく自己嫌悪になってきます。

「片付けもできない私。。」と、くさくさした気持ちになったものです。

こんな私ですが!今は、掃除ってとても楽しい!!と思えるようになりました。

 

目の前に広がる空間は、自分そのもの

 

よく、お部屋の状態は、心の鏡と言ったりします。

これはこれで、そのとおりだなぁと思います。
しかし、「汚い部屋が、自分そのものかぁ。。」と思うだけでは、掃除は好きになれませんよね。

お部屋が汚くなっているのは、”結果”です。
ぜひ考えてほしいのは、その結果が、どのように生まれたのかな?という問いです。

 

埃をかぶっている本があったとしたら、
その本はずっと読まれていなかったということ。

水垢がたまっている桶があるとしたら、
その桶はずっとスポンジで拭かれていなかったということ。

逆に、いつも整っているスペースがあるとしたら、
そこは自分にとって、お気に入りの場所なはずです。

 

つまり、自分の行動が、何らかの影響を及ぼして、目の前の結果になっているということです。

そして、行動の前には、必ず、「それをどのように捉えていたか?」という認識がありますね。

そのように分析を始めると、お部屋の状態が、自分の認識の結果ということが、わかってきます。

 

お部屋との出会いは、自分との出会い。

 

お掃除の時間を通して、日ごろ自分が、どのように感じたり行動しているかを見直す、振り返りができると思いませんか?

 

この考え方を実践することで、私は掃除が、とても楽しくなりました。

 

一番のおすすめは、みんなでお掃除!


私は、今、6人のシェアハウスで暮らしています。
お客様が来る前などは、必ずみんなでお掃除タイムを設定します。

 

これが、とても楽しいんです!
せっかくなので、方法をご紹介します。

 

1.まず始めに、掃除の前に、役割分担を行います。

人によって、得意な箇所や苦手な箇所があるものです。
分担決めのときには、あえて苦手な場所を選んだりします。

また、1つの箇所を2人で分担したりもします。

2人で分担すると、2人の目で同じ場所を見つめることになります。

不思議なもので、人によって、気になる箇所がまったく異なるんですね。

角の埃がたまっているのが気になる人
とにかく物を片付けたい人 などなど

違いを知ることで、自分や相手の観方の癖を、発見できます。

 

2.必ず、時間を区切って行います。

50分など、時間を区切ってお掃除します。
あえて区切ることで、優先順位をつけて、今できることのベストを尽くそうとします。
集中して掃除ができるんですね。

みんなで同時にやると、姿は見えなくとも、よーしとエネルギーが沸いてきて、モチベーションになります。

同じ時空間で、50分集中して、5人が掃除すると、一気に、家全体が綺麗になります!この変化が、嬉しい!
 

3.最後に、掃除をして気づいたこと感じたことをシェアします。

 一人ひとりの感想が、とてもおもしろいんですよ。

例としては…

「あ、汚れていないなと思ったけれど、実際には、薄く全体的に、埃がかぶっているだけだった。
一部を拭いてみたら、全体を拭くはめになった。
自分の目が、いかに当てにならないかが、よくわかった。」

 

このようなシェアをすることで、みんなで家を大事にしようという気持ちも、自然と育ってきます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

自分との出会いのお掃除と、みんなで一斉にお掃除。

ぜひ試してみてくださいね。新しい世界が広がれば幸いです。

 

こんな気持ちになるんだけど、どうしたらいいの?という方は、お気軽にメッセージください。

 

  

お読みいただきありがとうございました!

 

 

ご感想・メッセージはこちらまで
 *CONTACT* 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Written by チームワークコンサルタント miwa

詳しいプロフィールはこちら