チームワークこそ人生の楽しみ

1人で楽しい人生を超えて、みんなで人生を楽しもう。n Tech 0=∞=1を活用するDignityStyle!チームワークコンサルタントよりお届けします。

2020年令和二年元日に寄せて

f:id:spring33:20200101213355j:plain

新年明けましておめでとうございます!

 

令和二年、新しい年がスタートしました!みなさんはどんなお正月をお過ごしでしょうか。

 

私は2019年から2020年にかけて、2019年をしっかりと振り返って希望と期待感をもって2020年の年明けを迎えることができました。今までにない気持ちで新年を迎えることができ、すでに万感の思いです。

 

さてここからは私の話になります。

 

激動の2019年だった

 

実は2018年の秋ごろからとても悲しい出来事が2つほどあり、そのショックを引きずったまま2019年がスタートしました。2019年がどのように始まったか、正直あまりよく覚えていません。失意のまま目の前のプロジェクトに忙殺され、一生懸命やることで忘れたいとさえ思っていました。そのなかでも自分の中でなんとか清算したいともがきながら一区切りをつけたのが5月でした。

 

新しいスタートを切った6月頃から世界がやっと動きだした気がします。そこでさらに新しい挑戦が始まりどんどん変化が加速していきました。

 

契機となった節目は10月に今までの私の心のアルゴリズムが明確にわかったこと。あらゆることがやっと解放されて、積年の私の凍った心が解けた瞬間でもありました。非常に大きい出来事だったので揺り戻しもあったのですが日々日々どんどん認識が変化していきました。

 

そして気が付いたら12月には、とあるプロジェクトへの参画を決断していました。手を挙げた5日後には、15年住んだ東京を離れて大阪に来ていました(^o^)

 

このスピード感に乗って動けたことは私にとって1つの感覚を得た思いです。脳が働く前に心で動く、脳に負けない感覚が降りてきました。

 

年末に正式に引っ越しをするために4日間ほど東京でまた過ごしていたのですが、その中で一度は諦めた関係の人たちに出会いなおすことができました。2020年のスタートに向けて基準点になる大切な言葉ももらえました。

 

振り返ると本当に激動の1年だったなぁと思いますが、これらはすべて2019年の振り返りをしながら意識化されたことです。日々はひたすら走り抜けていただけ。でもさまざまな感情を通してたくさん泣くことができた1年でした。涙の量は過去最高だと思います!

 

大切な私のPersonalUniverse

 

自分の生きているこの世界は自分の無意識が現実化された世界だと思います。実際、私の6月以降の世界は本当に暖かく厳しい愛にあふれる出会いに満ちています。

 

安心がもらえるとたくさん褒めてくれる人、時に本気で厳しく叱ってくれる人、いつも深い基準に私を戻してくれる言葉がけをしてくれる人、遠くからもいつも見守ってくれる人、好きだから応援したいと言ってくれる人、共感して一緒に泣いてくれる人。そしていつも行くべき道を示してくれる人。それぞれ別の人ですがみんな愛する人たちです。

 

自分の人生をつかってどんなストーリーを描きたいのかを考えたときに、私は愛を伝える人になることで全世界の人たちと一緒に新しい世界を作っていきたい。そう年末に強く思いました。そしてそれは、愛とは何なのか、創造性とは何なのか、生きるとは何なのかを、完全に無の境地から考えられたときに実現できるのだと確信しています。

 

2020年実現したいこと

 

2020年はやりたいことがたくさんあります!こんなにわくわくしている年始は今までで初めてです。一方でやりたいことだけに執着しないように、オリジナルポジションから出発することを基本としていきます。志一点を立てて今この瞬間の出会いを楽しむ。その連続でやりたいことを具現化していきたいですね。

 

今年の前半は大阪の世界基軸教育プロジェクトに全力投入していきます。大阪出身ではない私がなぜこのプロジェクトに参画したいと思ったのかを、たくさんの人に伝えていきたいです。大阪のダイナミックなエネルギーをもっともっと活性化することで日本をどんどん元気にしていきたいです。

 

いつでも素直に熱く軽やかに颯爽と。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

f:id:spring33:20200101220551j:plain

 

2020年令和二年1月1日 miwa